• ホーム
  • ストップ高になる株を買いたいならクラレなどよりも

ストップ高になる株を買いたいならクラレなどよりも

ストップ高になるような銘柄をつかむことができたら、どれだけ楽しいことだろうかと思っている人もいることでしょうがそのような場合銘柄選びというのが重要になってきます。
クラレのような東証一部の大きな銘柄の場合には、規模が大きいだけに簡単にストップ高になりづらいものであるため、単純にストップ高になりそうな銘柄を選びたいという観点ではクラレは不向きなものとななります。クラレ自体は業績も安定していて、配当もあるので投資先としての魅力のある株ではありますが業種的に突如として大きく株価を上昇させるという類のものでもないので、大きく利益を上げたいという時にはあまり向いていないといえるのです。
それではどのような銘柄がストップ高になりやすいのかというと、例えば赤字のバイオ銘柄などは大きな材料が出ればあっという間に株価が急上昇するため狙い目といえます。
バイオ銘柄というのはギャンブル的要素が強いものであり、業績が不振の銘柄も少なくありませんがひとつ画期的な発明がされればそれによって業績が急上昇しやすいものであるため、株価も連続でストップ高になることは珍しくないものとなっています。
しかし、リスクが高いのも間違いなく元々業績は悪いものが多いので株価の根拠が将来への期待しか無いものとなっているため、その期待がなくなるようなことができれば株価はあっという間に下がってしまうおそれのあるものとなります。
業績が元々不振であるということから、倒産への不安もあり大きな資金を投資しづらい銘柄でもあるのです。
その代わり、革新的な技術の発明に期待をして投資をすることができる銘柄でもあるので、投資の本質に近い投資をすることができるとも言えます。