株の購入方法と選び方

お金の束

株を買うためにはまず証券会社に口座を作っておく必要があります。
その口座にお金を入れてそれを使って購入します。
それから購入するための株を選びます。
そのために使う判断基準はいくらかあります。
キャピタルゲインのような売買差益を狙った取引の場合、
まず考えられるのはこれから流行りそうなものを探ります。
これから流行りそうな商品を扱っている会社は業績が上がり、
株価が上がっていく可能性が高いです。
なるべく早くそのような会社を探して安いうちに購入できたら、
かなり大きな利益が期待できます。
これから上がりそうな銘柄はその銘柄のチャートを見て、
反転の兆しがあるものを探すという方法もあります。
また、配当利回りのなるべく大きな銘柄を選ぶのも重要です。
配当で得られる利益をインカムゲインといってこれは株を持っているだけで
継続して利益を出すことができるので、長期での運用に向いています。
それから自分の好きな企業の株主優待を受けるために選ぶ方法もあります。
株主優待ではその企業の割引券や招待券を貰うことができます。
それらを得るために銘柄を選びます。
どの銘柄を購入するかを決めたら注文を出します。
注文ではまず購入する株の数を決めます。
どの銘柄を何株買うのかを自分で決定します。
そして注文を出しますが基本的な注文方法は指値注文と成行注文があります。
指値注文では購入する値段を指定して、
その値段より安い値段で注文が成立します。
指定した値段にならなければ注文が成立しないので買うチャンスを逃す
可能性がありますが、自分に有利な値段で買うことができる注文方法です。
成行注文では買う値段を指定せずに、
その時点の中で1番低い値段の売り注文に対して成立します。
売買の成立に重きを置いた注文方法でどうしても買いたい時に便利です。